「アーチェリーの起源と歴史」


アーチェリーは紀元前1〜2万年前の旧石器時代に狩猟のために弓矢を使用したのが始まりとされています。
スペインのカステロン州の洞窟で弓矢の使用を描いた壁画が発見されています。
その後人間同士の戦いの武器として使用されるようになりました。
鉄砲の発明により武器としての役割が衰退し、やがてイギリスの王家を中心にスポーツとして発達、清教徒によってアメリカ大陸に広められました。

日本においては、弓を使用し始めたのは約1万年前頃と思われます。
独自の長弓を使用する日本弓道として発展してきましたが、アーチェリー(洋弓)としては昭和14年にアメリカから管重義氏が持ち帰ったことに始まります。

「アーチェリーってどんなスポーツ?」


アーチェリーは弓を使用して矢を的に当てるシンプルなスポーツです。
精神を集中して一本の矢を放ち、的の中心を射止めた時の爽快感は、遥か昔に生きるために獲物を狙い射止めた時の喜びに通じるものがあります。
人間の本能を呼び起こすスポーツと言えるでしょう。弓具

また、アーチェリーは自分の体格や力量に応じた強さの弓を引くことができることから、子供から年輩の方、障害を持った方も同じ条件で競技できる数少ないスポーツでもあります。選手生命が長く、生涯スポーツとしても長く楽しむことができます。
レクリエーションとして手軽にできると同時に、トップアーチャーになるには高度な技術と精神力が必要であり、入口は広く奥が深いスポーツです。

弓は狩猟の道具や武器に由来しますが、ルールを守れば安全で楽しいスポーツです。
「―安全宣言― より楽しく射つために」をご覧下さい。

「競技スタイル」


○ アウトドアターゲットアーチェリーアウトドアターゲットアーチェリー
定められた距離から五色(10点に区分)の的を
行射する競技  シングルラウンドは
男子90・70・50・30m、女子70・60・50・30m
各36射の合計144射。
  70mラウンドは男女ともに70m72射で競う。


インドアターゲットアーチェリー

○ インドアターゲットアーチェリー
  室内で行うターゲット競技 
  主に18mの距離で行う。




フィールドアーチェリー



○ フィールドアーチェリー
  山の中や広い野原の中に設置された距離の異なる
  標的を行射しながらコースを回る競技


 その他、スキーアーチェリーや3Dアーチェリーがあります。
京都府アーチェリー連盟 サイトマップ アーチェリーってどんなスポーツ アーチェリー教室